福島県南会津の木造、新築、リフォームは一級建築士が設計する株式会社星工務店

メニュー

2020年省エネ基準への取り組み

現在は規模の大きな建物に限って省エネルギー基準への適合義務が規制されていますが、今後、国の方針により
省エネルギー基準への適合義務が段階的に進められ、2020年4月以降は全ての新築住宅が
『省エネルギー基準への適合義務化』の対象になります。

要は、一定基準以上の省エネルギー性能を確保しなければ、新築をすることができなくなるわけです。
2020年省エネルギー基準の大きな特徴は、各住宅ごとに、外皮計算により建物の断熱性能を表すUA値【読み:ユーエーち】
(建物の断熱性の指標で数字が小さいほど断熱性能が良い)、1次エネルギー消費量の算定などの省エネについての計算が
必須となり内容も複雑になることです。

基準を満たさないUA値や1次エネルギー消費量が大きい場合、法的に新築ができなくなるのです。
新築をご検討されている方は、この適合義務化によって建築費用が増えるのでは?
と言った御心配をされることでしょう。

ですが、ご安心ください。
星工務店では平成22年4月以降に新築した住宅は、2020年省エネルギー基準の性能をすでに満たしています。
ですから、今まで通りの価格で新築が可能ですので建築費用が増えることはありません。

 

2020年省エネ基準の先にはもっと大きなハードルが待ち構えています。

2020年4月以降は、全ての新築住宅が法律により省エネルギー基準への
適合義務化の対象になることはご理解いただけたと思います。
その2020年に、
国では【ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)(読み:ゼッチ)】を
標準的な住宅の仕様とする方針を打ち出しています。
その後、2030年に
【ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)(読み:ゼッチ)】への適合を義務化することを公表しています。

2020年省エネルギー基準の住宅が、年間100のエネルギーを消費するとします。
これに対し、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)(読み:ゼッチ)は、
年間のエネルギー収支が0(ゼロ)になるのです。
年間のエネルギー収支が、ゼロ若しくはマイナスになる住宅が、
【ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)(読み:ゼッチ)】なのです。

今後、住宅の性能や仕様は大きく変わっていくことが考えられます。

省エネ→ゼロエネの時代が間違いなくやってきます。
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)に欠かせないのが、
⑴ 住宅の高断熱化(2020年省エネ基準の3倍程度の性能が必要)
⑵ 太陽光発電の設置が必須(設置容量は計算で求める)
⑶ 省エネルギー性能の高い住宅設備機器の選定(1次エネルギー消費量の算定)
などです。
この省エネ→ゼロエネに対応できなければ、新築できなくなることが考えられるため、
星工務店では設計部の1級建築士事務所studio_takaが中心となり、
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)の推進・普及に積極的に取り組んでいます。

ZEH普及のために国が用意した補助金があります。

補助金交付

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)は従来の省エネルギー基準レベルの住宅以上に
各種性能を向上しなければならないため、建築費用は増加します。
そのご負担額を少しでも抑えることができれば、
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)の普及も進むと考えられます。

国でも、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の普及のために、
補助金を用意しています。
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業というもので、
¥1,250,000の補助を受け取ることが可能で、
蓄電池の設置によりさらに補助額が増える仕組みになっています。

但し、この補助金は施主様ではなく施工業者(住宅会社)が
【ZEHビルダー】に登録されていないと受け取ることができない補助金ですので、
住宅会社さんを選定するときに必ずチェックしなければいけない重要なポイントです。
星工務店では平成28年4月に【ZEHビルダー】の申請を行い、承認をいただきましたので、
左の写真のように、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの補助金交付が採択されました。

この補助金の申請は複雑で内容を把握していなければ交付決定をいただくことは非常に困難ですが、補助金の交付申請書類は、
1級建築士事務所 studio_takaが代理作成しますので、ご署名と捺印をいただくだけで申請することができます。
なお、この補助金は期間が限定されていますので、補助金の申請に関しては前もってご相談されることをお勧めいたします。

省エネ計算についてお困りの方はこちら